*

インターバル速歩で血圧も下がり、検診で悪かった項目が軒並み基準値に!

血圧が下がって安定 長野県にお住いの窪田隆彦さん(仮名・54歳・会社員)は、若いころから健康には自信があったのですが、45歳ごろから、健康診断の項目に、いくつか異常値が出てきました。 そし

続きを見る

「インターバル速歩」で薬を飲まなくても血圧はよい状態を維持できた

薬は高血圧を治しているわけではない 筑波技術大学名誉教授の西条先生がインターバル速歩をするのは、たいてい夕方です。速歩きとゆっくり歩きを3分間ずつ、5セットするときもあれば、もう少しセット数をふ

続きを見る

インターバル速歩は、まさに治す力を引き出す運動療法

テレビで知った「インターバル速歩」 筑波技術大学名誉教授の西条一止(にしじょうかずし)先生は、70歳を迎えたころから、最大血圧が160mmHgを超えてしまいました。7年ほど前のことです。血圧には

続きを見る

少しきつめの運動「インターバル速歩」で筋力を強化して血圧を下げる!

血圧が上がる原因が、運動不足や加齢による筋力の低下 30歳を過ぎると、だれでも10年ごとに5~10%ずつ筋力が低下していきます。 すると、体内で慢性炎症と呼ばれる炎症反応が起こってきます。

続きを見る

「インターバル速歩」を始めて5カ月後には、高血圧、高血糖、肥満が改善!

効果は目を見張るものがあった 信州大学大学院医学系研究科教授の能勢博先生が考案した「インターバル速歩」が、NHKのテレビ放送で取り上げられ、大きな反響を呼びました。それ以来、何度かテレビで紹介さ

続きを見る

湯たんぽプラス二の腕マッサージで降圧剤も必要なし!

2018/05/29 | 冬の高血圧

シンプルな方法だけど効果は絶大 「湯たんぽを持っていない」「時間がない」「職場でできない」という人は、二の腕をマッサージしましょう。湯たんぽと同様の効果が得られます。二の腕をもんで、ポンプのよう

続きを見る

血圧降下に高い効果が期待できる「湯たんぽ」降圧法

2018/05/26 | 冬の高血圧

まずは体の冷えを取る 「冷えは万病のもと」といいますが、実際、体の冷えが健康に及ぼす影響は甚大です。 体が冷えると、内臓や血管などをコントロールする自律神経のうち、活動時に働く交感神経が優

続きを見る

「爪もみ」を行うと、手足の血流がよくなり、血圧が安定し体の冷えも改善

手足がすぐにポカポカしてくる! 血圧は自律神経によって調整されています。高い血圧が下がらないのは、心身のストレスにより、自律神経のうちの交感神経が緊張している証拠です。 自律神経を整え、病

続きを見る

「足の指立て」で最大血圧も最小血圧も薬に頼らずに下げることができた

最大血圧が10mmHg下がった 原田さんは、もう20年以上前から、留目先生の治療院に通っています。職業病である腰痛の治療のため、年に2~3回ほど、施術を受けているのです。 足の指立てのこと

続きを見る

血圧が上がり、このままではいけないと思っていた私に、教えてもらった「足の指立て」

体重が増えたため、血圧も上がってきた 青森県にお住いの向井久子さん(仮名・59歳・看護師)は、若いころからずっと、血圧は低めで安定していました。50代に入っても、最大血圧は110mmHg台、最小

続きを見る

スポンサーリンク

インターバル速歩で血圧も下がり、検診で悪かった項目が軒並み基準値に!

血圧が下がって安定 長野県にお住いの窪田隆彦さん(仮名・54歳・

「インターバル速歩」で薬を飲まなくても血圧はよい状態を維持できた

薬は高血圧を治しているわけではない 筑波技術大学名誉教授の西条先

インターバル速歩は、まさに治す力を引き出す運動療法

テレビで知った「インターバル速歩」 筑波技術大学名誉教授の西条一

→もっと見る

PAGE TOP ↑